アニマルライツ

それでも動物はごはんである

2019年6月1に渋谷にて動物愛護団体「アニマルライツセンター」が、「動物はごはんじゃないデモ行進」というなのデモを行うようだ。すでに5ちゃんねるTwitterでは「ごはんじゃなくておかずだよね」というような見解や、やや大喜利めいた書き込みが見かけられるが、ここで、あらためて肉を食べることの必要性について、少し書いてみたいと思う。

続きを読む

トロフィーハンティングと害獣駆除

今まで「某猟友会」と濁して書いてきたが、今回から僕個人の責任において、その団体の名前を明らかにすることにした。
それは岩手県花巻市で活動する「特定非営利活動法人 花巻猟友会」(以下「花巻猟友会」とする)という名称で、公的に登録されているNPO団体だ。
以前には「目指せ!狩りガール」というサイトの中でも取り上げられており、ほかにも岩手県からも認定鳥獣捕獲等事業者として登録もされている。
ちょっと検索すれば定款のPDFまで公開されており、以前に動物愛護系の団体で、とてもずさんなのを見たことがあり、比較するのも申し訳ないですが、それからすると個人的にはきちんと活動をしているNPO法人ではないかと思えた。

さて、この花巻猟友会のFacebookページが、アニマルライツ系のFacebookユーザーによって誹謗中傷コメントが大量に書き込まれており、そのひどいコメントに対して反論するユーザー(僕を含む)も含めてコメント欄が荒れている状況だ(僕も正直申し訳ないと思ってはいるのだけれど、「ここまで言われたら猟友会の方も辛いだろう」と勝手に思い込んでコメントを書き込んでしまうのは、反省しなければならないと思う)。
捕殺された鳥獣等が写っている画像をヘイトを集める目的でシェアし、生業者を罵倒するコメントを書きなぐる様は、もはや様々な場所で見かける光景ではありますが、ページを運営しているのはSNSに精通しているわけでもヘイトスピーチに慣れている訳でもないので、かなり面食らったと思います。

ただ、個人的には、猟友会で行われている捕殺よりももっと理不尽で、残酷な狩猟が世の中にはあり、そう言ったことを問題視するアニマルライツ活動家が非常に少ないように思えます。
それは、トロフィーハンティングといい、娯楽のための狩りなのです。

続きを読む

過激化するアニマルライツとその矛盾

僕が捕鯨問題について考え始めてから少々時間が経ち、その複雑さからか多岐にわたる切り口をどのように扱っていくかを考えあぐねているうちに、その切り口の一つである「動物の権利(アニマルライツ)」の信奉者たちが、ネットの内と外で、様々な騒動を引き起こしているようだ。
今回は、そのことについて思うところを書いておきたい。

続きを読む