少し、近況報告を

2016年8月23日

皆様、こんにちは。 また前回の更新から時間があいてしまいましたので、近況報告でもしようと思います。

鯨の町の未来に願うこと

2016年7月24日

前回の記事では、太地町の町長選挙における違和感を中心に書きましたが、今回はこの先の太地町の町政について、願うことを書こうと思います。

2016-07-17 09.11.53_s

鯨の町の選挙に思うこと

2016年7月18日

2016年7月17日、和歌山県の2つの場所で、選挙が行われ、どちらも歴史的な選挙となりました。その片方である太地町の町長選挙の風景を垣間見て、少し考えました。

2016-06-23 16.29.37

「自分なりに応援する」ということ

2016年6月26日

僕は、太地町や捕鯨に関する様々なことを、「自分なりに応援」しています。今回は、その話を近況報告も含めて書こうと思います。

スクリーンショット 2016-03-27 20.24.00

【小ネタ】オーシャンズをみました。

2016年3月28日

先日、動画の勉強のためにドキュメンタリー映画を中心に、DVDをいくつ加工に有しましたが、その中にこの映画がありました。

「思想・良心の自由」による侵害

2016年3月28日

太地町立くじらの博物館とサラ・ルーカスの訴訟の件が、一旦決着となったので、そのことについて少し書きたい。

AS20160315004631_comm

座礁鯨を踏みつける文化とは何か?

2016年3月21日

先日から気になっているニュースがあったので、そのことについても書いておきたい。 それは、ある写真コンテストに選ばれた写真を巡る議論についてだ。

今だからこそ、あの映画を再評価・検証するべきだ

2016年3月20日

ビハインド・ザ・コーヴが一般公開されてから、一ヶ月以上経った。 肯定、否定、様々な反応がある中、さらに幾つもの上映館が決まり、しばらくは様々な場所で話題になることだろう。

20160303_001

「鯨漁の系譜」について

2016年3月3日

先日、「大背美流れの縁(おせみながれのえにし)」(解説ページはこちらです)に続く二作目の動画、「鯨漁の系譜」の制作が終わり、現在お世話になった方々に、確認のために御覧頂いている段階です。

151015_blog_000

ビハインド・ザ・コーヴはザ・コーヴへのアンサーになりえたか?【追記あり】

2016年2月2日

そろそろ、僕もビハインド・ザ・コーヴについて、感じていたことを書くべきだろう。 そう感じたので、思っていたことを書いてみる。

2016-01-01 20.56.57

クジラ、食べていますか?

2016年1月25日

「鯨食は日本の文化である」と声高に叫ぶ人がいます。 僕もそう思っていますが、実際に定期的に鯨を食べている人はどれくらいいるのでしょうか?

動画を制作しました

2016年1月11日

皆様、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。

2015-12-19 15.27.42

太地町と神津島の縁

2015年12月27日

先日、以前から行きたかった神津島に行くことができた。 捕鯨問題とは直接関係ないが、そのことを書きたい。

来年の話

2015年12月16日

今年もあと半月となりましたので、来年の話を少し書こうと思います。

2015-11-25 12.33.24

情報発信の重要性

2015年12月8日

11/25に和歌山県民文化会館の少ホールにて行われた「特別講演会「太地町における古式捕鯨と世界情勢」」という講演で、情報発信の重要性について語られていたので、その話を……。

「今後はICJで訴訟を起こされても受けて立たない」という話の間違いについて

2015年11月15日

もう賞味期限切れの話ではありますが、このことも書いておかなければいけないと思いつつ、体調が戻らず書けずにいました。

17725

太地と神津島の縁に関する報道について

2015年11月15日

※この記事は、当該ニュースの内容に間違いがあるという指摘であり、それ以外の何ものでもありません。 先日、太地町と神津島に関するある出来事が話題になりました。この事は記念すべき出来事で、大変喜ばしいことですが、報道内容に間 […]

伊豆半島の世界ジオパーク認定を巡る違和感【追記あり】

2015年11月14日

世界ジオパークネットワーク(GGN、本部・パリ)が、地質学的に貴重な地形などを備えた自然公園「世界ジオパーク」に静岡県の伊豆半島を認定するのを先送りにした理由の1つに、同県伊東市でのイルカの追い込み漁を挙げていたことが1 […]

151018_blog_001

一部の執筆者がwikipediaをダメにしている

2015年10月24日

前回書いた記事が、どうも風評被害を与えているという指摘があったようです。 では、そのことについて検証してみましょう。

151018_blog_001

Wikipediaはあてにならない

2015年10月18日

Wikipedia(ウィキペディア)はちょっとした調べ物には本当にありがたいサイトだが、中にはとんでもない記事が含まれている。 今回はそんな話です。

151015_blog_000

Behind “THE COVE”を視聴して

2015年10月15日

先日、太地町で話題の映画「Behind “THE COVE”(ビハインド・ザ・コーヴ)」を見てきましたので、その話を……。

必要なのは排外主義か?

2015年10月4日

2015年10/31~11/1にかけて、行動する保守という団体が、那智勝浦町と太地町で活動を行うらしい。 11/1には太地浦くじら祭があり、会場の「警戒活動」をするとのことだ。

20150815_blog_001

ビハインド・ザ・コーヴ、太地町での上映が決定

2015年10月4日

八木景子さんが監督を務め、モントリオール世界映画祭で話題にもなった映画、「ビハインド・ザ・コーヴ」の特別無料上映会が、10/12に問題の中心地でもある和歌山県東牟婁郡太地町の公民館で行われるそうです。

本当に畜産より追い込み漁は残酷なのか?

2015年9月23日

先日は、「残酷」という曖昧な定義での批判についての記事を書きました。 では本当に畜産は追い込み漁の捕殺よりも残酷ではないのでしょうか? そのことを検証してみます。

「残酷さ」という曖昧な定義を批判の理由にしてはならない

2015年9月20日

WAZAやJAZAによって、太地町の追い込み漁に対する視線が批判的なものになりつつある。 その理由は主に「残酷」という言葉によって形容されるが、はたしてその定義は誰によって定められたのだろうか?

150906_001

リック・オバリー観光大使騒動を自分なりにまとめておく

2015年9月6日

今年も9月から追い込み漁が始まったが、今年の様子は例年とは大きく違っています。 税関での入国拒否も影響しているせいか、活動家の数が激減し、畠尻湾は閑散としていました。 在特会など保守系の団体もいませんでした。 そして、一 […]

20150815_blog_001

「Behind “THE COVE”」という映画のダイジェスト版が公開されました

2015年8月15日

先日、多額の支援を得ることに成功した「クジラ映画」の話を書きましたが、もう一つ興味深いドキュメンタリー映画のダイジェスト版がYouTubeで公開されています。

2015_07_20_comment

クジラ映画、目標金額を達成!

2015年7月20日

以前より数回記事を書いたクジラ映画のクラウドファンディングが目標金額を達成し、さらに支援を集めている。 とても嬉しいニュースだ。

「MERCURY POISONING.」とは何を意味するか?

2015年7月20日

もう完全に賞味期限切れなのかもしれないが、このような記事をみつけた。 そのことについて、少し書いてみたい。

2014-09-22 12.34.46

僕が「クジラ映画」を応援するワケ

2015年6月14日

今、一部の人達のあいだで、ある映画のことが話題になっている。 その映画は、捕鯨に関する話題を扱った、厄介そうな映画だ。 だが、僕はこの映画を応援したいと思っている。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.